トップページ
診療案内
院長紹介
病院施設
歯周病を防ぎましょう
猫の歯周病
歯が欠けてしまったら
アクセス
リンク
 
 
ホームページをリニューアルしました!
 

 犬・猫の口腔内疾患とは? 見過ごしていませんか? 歯はとても大切です。

 歯磨きを怠るとこうなります!!
歯周病
歯周病は歯と歯の周囲の細菌感染症で、細菌の毒素により顎の骨が溶かされる恐ろしい病気です。
3歳以上の犬の約80%が歯周病にかかっていると言われています。歯磨きをせず歯周病を放置すると、口腔内の細菌が全身をめぐり心臓、腎臓など他の臓器に重大な弊害を起こす場合があるため、早期の口腔内クリーニングが必要です。
重度歯周病の口腔内 炎症が鼻に達している
正常な歯のレントゲン写真
歯周病のレントゲン写真

猫の口内炎 FORL(猫の破歯細胞性吸収病巣)
猫特有の病気で、難治性歯肉口内炎とも呼ばれます。歯の頸(歯頚部)が吸収され強い痛みとよだれ、摂食困難な状態になることを言い、未だ原因は不明な点が多く、免疫機能の低下が炎症を引き起こしているとも言われています。炎症がひどくなると、口峡部や咽喉頭にまで炎症が波及し、痛みにより食餌が取れず衰弱してしまいます。治療法としては抜歯処置(場合によっては全歯抜歯)と活性型ビタミンの注射などの免疫力を向上させる治療があります。
口内炎を起こして歯肉が赤い 口腔後部炎 (口峡炎)
治療後
吸収されたレントゲン写真

EMP(歯周組織再生療法)
歯周病によって吸収されてしまった歯槽骨をEMP(エナメルマトリックス蛋白)を用いて再生を促す治療法です。人では活発に行われている治療法ですが、獣医歯科ではまだまだEMP治療を行う病院は限られています。
歯周病で歯肉が後退した切歯 徹底したルートプレーニング(歯根部の清掃)
強酸によるエッチング処理
EMP注入
処置前レントゲン写真
処置後1ヶ月で歯槽骨が再生している

根尖膿瘍について
根尖膿瘍とは、歯髄からの細菌感染によって歯の根(歯根部)に膿の袋ができることを言います。
症状のうち、最も多いのが眼の下の腫れや、眼下皮膚からの排膿です。
上顎第四前臼歯が好発部位で、完治させるためには抜歯処置が必要です。
眼下からの排膿(手術前) 術後1ヶ月の状態
感染により腐った歯
眼下の皮膚が壊死している
溶けた歯のレントゲン写真1 
レントゲン写真2